新年のごあいさつ

タイトル画像

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり心より御礼申し上げます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

画像新型コロナウイルス感染症拡大し2度目の新年を迎えます。皆さん、健康や暮らしぶりはいかがでしょうか?

1年前には土庫病院のクラスターを経験し、第5波ではコロナ感染者の入院困難が県下で起こりました。コロナ感染難民を生まないようにと、地域の皆さん、連携する医療機関にはご協力とご理解を得て、地域包括ケア病棟を閉鎖し、コロナ感染症病棟に転換し感染者の受け入れをしました。また、入院・入所では、リモート面会や特別面会制度を設けましたが、入院・入所の方々やご家族の皆さんには我慢をお願いし、ご理解とご協力本当に有難うございます。

今、新たな変異株オミクロン株の感染者も報告され、第6波が危惧されています。
新型コロナウイルス感染の中、地域での医療・介護にたどり着けない方々に応え、地域包括ケアの要としての役割を果たせるよう、健生会ではコロナ禍だからこそ、「安心して住み続けられる」地域包括ケアの連携拠点として役割を果たす今後5年間の基本方針を検討しています。

一つは土庫病院の差額室料を取らないベッドを守り、救急・急病医療、大腸肛門病の専門機能の向上、検査機能の充実、日の出診療所を軸にしたかかりつけ医機能、在宅医療の充実、コロナ禍で減少している健診事業の充実などを進めていきます。二つ目には「いのちの相談所」活動や無料低額診療事業の取り組み強化、友の会活動はじめ地域に足を踏み出す活動など医療・介護にたどり着けない方々に応える活動を強化します。三つ目は医療・介護の質の向上に力をいれていきます。四つ目には何よりも戦争に反対し、憲法を守る活動をします。
 
人と人とのつながりが希薄になるコロナ禍で、患者・利用者はじめ地域の方々と、「コロナだからしょうがない」から、感染対策の基本をまもり、「コロナ禍でも何とかする」姿勢で進みたいと思います。
 「誰もが安心して住み続けられるまちづくり」が一歩でも前進するよう役職員一同歩んでまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                    
社会医療法人健生会 理事長 横山知司

ページ上部へ