初期研修理念

タイトル画像

初期研修の理念

人権を尊重し、安全・安心の医療・介護を担う医師養成を行います。
(1)患者中心の医療を実践し、特定の臓器に偏らず、全身を診る医師を養成する。
(2)高齢者や社会的・経済的困難を抱える人々について深い理解があり、
     地域の健康維持・増進に役立つことができる医師を養成する。
(3)患者・家族、地域の方々、職員ともに学び、育ちあうことができる医師を養成する。
    

基本方針

 地域・住民のニーズに応えられる臨床能力の獲得をめざします。
 総合診療医としての素養をもった医師が多い医局、他職種が積極的に関わる研修の強みを生かして、「当院でしかできない」研修、すなわち奈良において将来、総合診療、領域別の専門医として地域の病院や診療所で活躍する医師のための研修を行います。
        

研修の到達目標

 「主治医力」を身につけ、地域医療に貢献できる医師になります。
以下の能力を修得し、主治医として包括的に患者にかかわるを姿勢を身につけ、臨床の様々な場面で初期対応ができるようになることをめざします。
(1)地域と臨床の場で経験し必要とされる基本的臨床能力(知識・技能・態度・総合的判断力)を獲得することをめざします。

(2)医療と地域の結びつきを理解し、地域の患者・住民の人権を守り、良好な患者・医師関係を構築でき、医療チームの一員としての役割を果たしながら研鑚を積みます。

(3)様々な困難をかかえた患者・家族にチームで多面的・総合的なアプローチを行い、問題解決を行う姿勢を身につけます。
     

ページ上部へ