ふれあい入所サービス

タイトル画像

【はじめに】
 
 
主に専従配置されたリハビリ専門職である理学療法士2名、作業療法士1名が、在宅復帰を目標に、利用者様個々に応じたリハビリプログラムを作成し、実施しております。
 
 
当施設では、一人の利用者様に対して一人のリハビリ担当がつく個別担当制をとっており、利用者様や家族様から相談しやすい環境作りに心がけております。また、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、相談員の各専門性を活かし、チームとして関わっていくことにも力を入れています。

○短期集中リハビリテーション
  
 
入所から3か月間は、週3回以上、20分以上の個別リハビリテーションを実施します。この期間に集中したリハビリテーションを実施し、身体機能、日常生活動作の維持改善を図っていきます。

○個別リハビリテーション

 ご利用者様個々応じたリハビリプログラムをリハビリ専門職と1対1で20分程度実施します。具体的には、筋力向上練習、基本動作練習(起きる、座る、立つ、歩く)、日常生活動作練習(排泄、入浴等)等のリハビリテーションを行います。

○集団リハビリ

 週1回、身体機能面のみではなく、認知機能・精神機能も活性化できるようなプログラムを考えて実施しています。具体的には①軽体操、②頭の体操、③レクリエーションの構成で、②頭の体操は二重課題(身体を動かす+頭を使う)や言葉作りを、③レクリエーションは参加者同士が交流したり、協力して行うものやチームで競うものなどを取り入れて実施しています。

○作業活動

 書字やちぎり絵、歌唱など小集団での余暇活動を実施し、気分転換やQOL(生活の質)の向上を図っています。

○訪問指導

 ご入所、退所が決定した際には、自宅に訪問させて頂き、在宅生活で必要な動作の確認し、その在宅状況に応じたリハビリプログラムを実施します。また、必要に応じて手すり設置等の住宅改修や福祉用具のアドバイスを行います。

○ショートステイのリハビリ

 ケアプランのマネジメントのもと、ショートステイ期間中も個別リハビリを実施します。実施回数は利用提供表に合わせて実施していきます。個別リハビリの提供がない利用者様には、リハビリ専門職による身体状況、日常生活動作の確認や集団リハビリ、レクリエーションの参加にて、安心、安全に在宅生活が継続できる様に支援してまいります。

【当事業所の特色・強み】 
    
○職員が協力的で、利用者さんのことを考えてケアを行っております。
    ○法人内での連携が取りやすくなっております。
    ○近くに病院があるので安心できます。
    ○和やかな雰囲気の中で1日が過ごせます。
    ○外食・外出・クッキングレクリエ―ション等が充実しています。
    ○入浴はゆったりと入ることが出来ます。

ページ上部へ