人ナース 先輩ナース
  インタビュー

タイトル画像

  • HOME
  • 新人ナースインタビュー

画像

入職1年目ナース 弓場彩也花さんインタビュー

  就職して半年経ち、4月の頃よりは出来る事も増えてきて、部屋の担当も持たせてもらえるようになりました。
 
 仕事は大変だとは思っていましたが、思ったよりも沢山の業務内容があり、一人一人の患者さんと話をしていると、切り上げ方が分からず、病状を把握するのに時間がかかってしまい、業務が遅れてしまうので、優先順位を判断し、時間配分をしていくことがこれからの私の課題だと思っています。
 
 それでも、環境整備の大切さを先輩に教えてもらい、ベッド周りの環境を整えて、患者さんや付き添いの家族さんに喜んでもらえた時はとても嬉しかったです。
 
 先輩の皆さんはとても優しくて、分からない事を聞くと、キチンと答えてもらえるので、有難いです。特にプリセプターの川本さんには、仕事だけでなく食事に誘ってもらうなど、支えになってもらっています。
 
 これからはどの患者さんにも、自分の身内だったらどうして欲しいかという視点を意識し、丁寧に関わる事を大切にして、患者さんや家族さんが安心して入院してもらえる看護を目指して頑張りたいです。

先輩ナース 川本怜奈さんインタビュー

 プリセプターの声がかかった時は、昨年、同期の子がやっていて、ちょっと予感の様な物は感じていたので「やっぱり」と言う感じでした。看護学校の後輩という事もあり、あまり、気負いはなかったのですが、質問に丁寧に答えていくのは、やはり大変でした。
 
 今は、担当の病室の仕事も任せられる様になり、独り立ちに向けて頑張ってもらっているところですが、どうしても、沢山の担当患者さんの状態を把握する必要があり、優先順位を判断し時間内に業務をこなす事が、求められるので、今は、時間配分と状況判断が課題だと思います。
 
 弓場さんは、患者さんとのコミュニケーションも上手で、言われた事はキチンとしてくれるので、もう少し、自分を前に出して進んで働きかける事が出来ればいいなと思っています。
 
 私も、自分の中で曖昧になっている所を再度復習し、弓場さんの質問にしっかり答えられるプリセプターとして、勉強していきたいと思います。


画像

入職1年目ナース 前 亜寿香さんインタビュー

 入職から4カ月経ち、担当の部屋も持たせてもらえているのですが、まだまだ、必死で仕事をしている状態です。
 何も解らなかった4月に比べれば、分からない所が分かってきて自分の中で、整理して考えられる様にはなれたかなと感じています。

 今は、患者さんの病歴や家族背景などの患者情報の収集や処置業務、病状の変化への対応など、質量ともに迅速な対応が求められるので、ひとつひとつの業務を正確に出来るように勉強する事が課題だと思っています。

 帰宅しても、勉強や3人のこどもの対応など、慌ただしい毎日ですが、同期や先輩には仕事のサポートだけでなく、食事に誘ってもらう事もあり、リフレッシュさせてもらっています。そんな風に声をかけてもらえる同僚がいるのは、とても有難いです。

 プリセプターの仲地さんとは日勤で一緒になる機会も多く、どんな事でも聞くと答えてもらえるので有難いです。
 仲地さんは一人一人の患者さんの状況や病状に合わせた丁寧な対応をされるので私も細やかな看護の出来る看護師になる事を目標にこれからもがんばっていきたいです。

先輩ナース 仲地愛子さんインタビュー

 プリセプターは1度経験させてもらいましたが、5年前なので、時が過ぎるのは早いなと思いました。前さんは、社会人経験もあり、患者さんとは和やかに会話をされています。

 職場の環境や仕事には、なれてもらっていますが、ひとつひとつの処置や手技などの対応では、その時の患者さんの状態の変化などが生ずると難しい時があるので、それぞれの人の病状に合わせての対応が求められる場合は、その都度サポートしています。
 
 患者さんひとりひとりで看護の中味は変わってくるので、理解するのは1年目の新人さん達には大変だと思いますが、頑張ってほしいと思います。私も指導する立場としてどうしても、日常業務におわれ、伝え方が不十分な時もあるので、勉強になります。
 
 業務では指導上、厳しい事も言う時もありますが、仕事を離れたら、普通に家庭での話などしています。私が残業の時などは、一緒に残ろうとしてくれて、気遣ってくれているのを感じます。
 私は、患者さんの胸の内をくみ取れるような関わりを大切にしたいと思っているので、前さんにも伝えていければと思います。

画像

入職1年目ナース 植村愛美さんインタビュー

 中学生の時に震災を経験し、沢山の人に助けてもらって、自分も人の役に立つ仕事をしたいとの思いから、看護師を目指しました。看護師として、入職出来た時は本当に嬉しかったです。

 少しずつ、処置なども対応する様になり、4月よりは出来る事が増えてきたかなと思います。特に点滴の針などが、患者さんに負担を掛けず、スムーズに血管に入った時は嬉しいです。
 
 まだまだわからない事が沢山ありますが、プリセプターの野瀬さんを始め、先輩のみなさんは、私が、何を聞いても親切に答えて下さるので、他の病院で看護師をしている友達に話をすると、うらやましがられます。

 休みの日にはショッピングにいったり、同期の人に誘ってもらって食事にいったりして気持ちを切り替えて楽しんでいます。
 私のこれからの目標は、患者さんの急変にも対応の出来る看護師になる事なので、今は、患者さんの異常にすぐに気づけるよう頑張っていきたいです。

先輩ナース 野瀬未央さんインタビュー

 3回目のプリセプターですが、やる度に自分への課題が重くなっていく感じがして育成は奥が深いと思います。
 
 植村さんも入職から4カ月がたち、ある程度、基本の処置や手技は覚えてくれているので、これからは、今、未経験の仕事にも積極的に関わっていくことや、今、出来ている事の中味を深め、色んな事態を想定した対応が出来るように勉強していってもらえればいいなと思います。

 患者さんは一人一人違うので、その人に合わせた対応やその時の病状の変化で対応を変えなければいけない時があるので、難しいと思いますが、その部分をこれから勉強していってほしいです。
 処置など出来る事が増えてきて、自分で動いてくれているので、次のステップに向けて見守っていければと思っています。
 
 私も出来るだけ、植村さんからの質問や疑問には忙しくても丁寧に答えるように心がけていますが、自分自身もその人それぞれの個性に合った、声のかけ方や対応の仕方を勉強し、看護師の仕事に対する理解を深めてもらえるよう、関わっていきたいです。

画像

入職1年目ナース 石井優奈さんインタビュー

 入職から4カ月たちましたが、まだまだ、緊張の日々が続いています。
 色んな手技をするのも、自分の手元しか見られなかったころから比べれば、患者さんの顔を見ながら出来るようはなりましたが、患者さん対応は今でも少し、恐い時があります。

 実習の頃と違い、限られた時間の中で、沢山の患者さんの情報を取り、処置や薬の対応をしなくてはならないので、余裕が持てない状態です。
 患者さんの気持ちを受け止める対応や、その人の状態に合わせた処置は教科書では習わないので、今は、患者さんの状況を判断した対応が臨機応変に出来るよう勉強中です。まだまだ、患者さんに満足してもらえるようには出来ないのですが、ひとつひとつの行為を忙しくても手を抜かず、丁寧にする事を心がけています。
 
 プリセプターの中森さんは、勤務が一緒の時は、気遣って声掛けもしてくれるので、私も、自分から中森さんに仕事での出来事や状況を伝えています。何でも話しができて、質問もしやすく、頼もしい存在です。
 私も、これから、患者さんに頼りにされ、信頼してもらえる看護師を目指してがんばっていきたいです。

先輩ナース 中森雄斗さんインタビュー

 初めてのプリセプターですが、最初声を掛けられた時は、自分には荷が重すぎると思い断ったのですが、あなたの勉強にもなると話をしてもらい、引き受ける事にしました。
 
 プリセプターをする事になり、まず思った事は、石井さんが気を使わずに仕事が出来るようにしてあげたいなと言う事でした。
 どうしても1年目は周りや患者さんに気を使って硬くなってしまいがちなので、気持ちを楽に持って仕事が出来ればいいなと思いました。
 
 石井さんは、飲み込みも早くて、僕が教える事が無いくらいしっかりしているので、職場で会えた時には、自分から声を掛けて石井さんの気持ちや仕事での様子を聞く様にしました。プライベートでも1年目の人と一緒に食事に行くこともあり、交遊出来るようにしています。
 勤務が合わないのであまり一緒に仕事をする機会はないのですが、石井さんは患者さんに対しても、何かをする前には必ず「今から○○しますね」と声掛けもしてくれていて、石井さんの姿は僕自身の勉強にもなっています。
 
 まだまだ、石井さんへの関わりも、伝える時の言い方や場所、タイミングなど難しく、荷が重いのは今も変わらないのですが、今回プリセプターをさせてもらって、3年目としての自覚も持つ事が出来たかなと思います。
 これから自分も、信頼して業務を任せてもらえるように仕事を頑張っていきたいと思います。

画像

入職1年目ナース 角谷恵美さんインタビュー

 4か月がたち、担当の部屋も持たせてもらえる様になり、仕事が楽しくなってきました。毎日、沢山の業務をこなさなければいけないので、仕事が溜まってきたり、時間に追われたりすると、余裕が無くなりパニックになる時があります。出来るだけ落ち着くようにしているのですが、慌ててしまうので、そんな時は先輩看護師さんに助けてもらうようにしています。
 3階は周りの職員の方も皆優しく、誰にでもわからない事は聞けて、有難いです。特にプリセプターの仲谷さんは年齢も近く色んな相談もしやすくて助かっています。
 家庭でも、両親や夫に家事や子育てを助けてもらい、当直の時など、下の子は両親の家にお泊りもさせてもらうなど、家族、皆に協力してもらっています。
 3階は退院支援の比重の大きい病棟ですが、ここで学べる事はしっかり勉強していきたいです。勉強する中で訪問看護にも興味が湧いてきたので、将来はそちらの勉強もしていければいいなと思っています。
 今は、まず慌てないで、落ちついて仕事が出来る事を目標に頑張りたいです。

先輩ナース 仲谷文子さんインタビュー

 プリセプターの声がかかった時はためらいも有りましたが、角谷さんは、社会人経験もあり、最初から、患者さんへの対応も優しく、 声掛けも丁寧で、接遇面はとてもいい感じでした。
解らない事があれば、誰にでもきちんと質問しておられ、一生懸命仕事に取り組む姿勢は、素敵だなと思って見ています。
 私も、今回、初めてプリセプターをさせてもらい、角谷さんの担当になってからは、妹を見る様な気持で、積極的に関わっていけるようになったと思います。
 4か月が過ぎて、入職当時に比べると仕事の中味も、一人で任される事が多くなり、一通りの業務はこなしてもらえているのですが、時間に追われたり、業務内容が過重になると、少し、焦ってしまう時があるので、そういう時は落ち着いて行動が出来るように声掛けをしています。
 真面目で一生懸命な角谷さん、業務が一緒になるのは1週間に1回くらいですが、これからも周りのスタッフと一緒に見守っていければと思います。

画像

入職1年目ナース 置田愛実さんインタビュー

 就職して4カ月が過ぎましたが、まだまだ、緊張してしまう事も多いです。
最近は業務を頼まれる事も増えてきて、少しずつですが、認めてもらえてきたのだったら嬉しいです。
 プリセプターの川路さんには解らない事も聞きやすく、丁寧に教えてもらっています。
プライベートでも、何回かお食事に誘って頂き、話を聞いてもらっています。
 学生の時と違い、沢山の患者さんに対応しなければならないので、今はどうしても、しなければならない処置等をこなす事に精一杯で患者さんに十分に関わる時間が取れないので、自分なりに時間を見つけて声掛けをするようにしています。
病棟には様々な患者さんがおられますが、どの患者さんにも、分け隔てない声掛けや対応が出来るように気を付けています。
 3階には、尊敬出来る先輩が沢山おられるので、仕事を学ばせてもらいながら、病状だけでなく、その患者さん全体を看て、その場に応じた的確な対応を迅速に判断出来る看護師を目指して頑張りたいです。

先輩ナース 川路綾佳さんインタビュー

 初めてプリセプターになりました。プリセプターに憧れていたので嬉しかったのですが、指導する立場になってみて、改めて伝える事の難しさを感じました。
 最初の頃は置田さんへの対応の仕方が分からず、評価会議でアドバイスしておられる先輩の姿をみて、なかなかアドバイスできていない自分のふがいなさに落ち込んだりもしたのですが、自分から置田さんの様子を見て、声を掛けるようにしていきました。
置田さんも最初は緊張して、あまり、質問も出来ていないみたいでしたが、今は、仕事にも慣れて積極的に質問もしておられます。
以前は仕事を依頼しても不安そうに返事をしていたのが、今はすぐに対応してくれている姿を見て、少しずつ自信もついてきたのかなと思っています。
 私も、質問される事で業務について振り返る事が出来、勉強になりました。
 今は、覚える事が一杯で大変だと思いますが、ひとつひとつクリアし自信をもって仕事をしてもらえればと思います。

画像

入職1年目ナース 花阪美月さんインタビュー

  少ししずつ仕事には慣れてきて、病室の担当も持たせてもらえるようになりました。解らない事も先輩看護師さんに聞きながらこなせる事が増えてきました。皆さん優しく教えて頂けるので、ありがたいです。
 プリセプターの出井さんはとても優しく、さりげなくアドバイスして下さいます。
学生の実習中は患者さんに関わる時間があったのですが、今は、業務に追われて、ゆっくりと関わる時間がなかなか取れずにいるので、出来るだけ自分の担当の病室には顔を見せて、患者さんとスキンシップをしながら話をするように心がけています。
 3階は退院に向けての関わりが必要な病棟なので、病状だけでなく、その人の家族背景や退院後の生活を見通した働きかけができるよう勉強中です。
 仕事は忙しいのですが、最近、ホットヨガを始めました。仕事が終わった後、教室に通っています。身体がすっきりするのでお勧めです。
同期同士も仲が良く、なかなか勤務を合わせるのが難しいですが、時間を見つけて食事をしたりしてリフレッシュしています。
 私の目標は、患者さんに寄り添える看護師になる事なので、そこを目指してこれからも、がんばっていきたいです。

先輩ナース 出井健人さんインタビュー

 始めにプリセプターのお話を頂いた時は、自分にはまだ難しいと思い、少し気が重かったのですが、他の病棟の同期が同じようにプリセプターを引き受けているのを聞いて、少し気が楽になりました。
 それでも最初は、どう関わっていけばいいのか分からず、周りの先輩の花阪さんへの対応を参考にしたり、自分の1年目の時の事を思い出しながら、教えてもらった事を自分も花阪さんに伝えて行こうと思いました。
 人に伝えるには自分も勉強していかないといけないと改めて気付き、時間を見つけて、看護の雑誌を読み返して、復習しています。
 花阪さんは、周りの先輩からも評価が高く、このまま、伸びて欲しいです。特に3階病棟は地域包括の病棟で退院後の居場所を考えながらの対応が不可欠なので、これからは、先の見通しを持った対応を、勉強してもらえればと思います。
 自分自身もこれから、もっと勉強して、花阪さんに追い越されない様に、頑張りたいと思います。

ページ上部へ